白十字会の取組


電子カルテの自社開発

homes

当法人では、昭和53年より医事システムの開発・稼働を行い、昭和58年には「(株)ソフト・コンサルティング」という関連会社を設立し、医事システム、老人保健システムの開発、販売を行って参りました。

平成7年9月、佐世保中央病院が現在の佐世保市大和町への移転と同時に、第1世代のオーダリングシステムを開発、稼働致しました。

以降、オーダリングシステムに改良を重ね(下記年表を参照)、電子カルテHOMES(Hakujyujikai Organizing Health and Medical Information Enterprising System)を開発し、平成18年10月に佐世保中央病院で稼働致しました。平成20年3月には白十字病院でも稼働致しました。

平成7年 第1世代オーダリングシステム、医事システムの開発・稼働(佐世保中央病院)
平成9年 第1世代オーダリングシステム、医事システムの開発・稼働(白十字病院)
平成14年 第2世代オーダリングシステムを開発し、ベンダーの電子カルテを接続 (佐世保中央病院)
平成16年 第2世代オーダリングシステムの開発・稼働(白十字病院)
地域医療連携ネットワーク「メディカル・ネット99」稼働(佐世保中央病院)
平成19年 電子カルテHOMESの開発・稼働(佐世保中央病院)
地域医療連携ネットワーク「クロスネット」稼働(白十字病院)
平成20年 電子カルテHOMESの開発・稼働(白十字病院)
平成21年 データウェアハウスの開発・稼働(佐世保中央病院・白十字病院)

電子カルテHOMESの特徴

職員の要望実現

医師や看護師を始めとする職員の要望を実現しました。

医師支援システム

高いセキュリティのもと、医療秘書が医師を支援する仕組みを備えました。

バーコード入力による3点認証

注射薬等の投薬ミスを防止し、安全な医療を提供致します。

物流在庫システム(Supply Processing Distribution:以下、SPDシステム)

バーコード入力を始めとする実施入力を行うことにより、医療材料、薬剤、各種検査の実施状況を確実に把握し、電子カルテ、医事システムとリンクした物流在庫システム(SPDシステム)を開発致しました。

データウェアハウス(Data Ware House:DWH)

電子カルテ、医事システム、SPDシステムの情報を統計処理し、医師を始めとする職員の研究を支援し、病院経営に利用しています。